PAGE TOP

若者しかパパ活できないは嘘!?年齢別の相場情報も!

女子

パパ活をはじめたい、と思っている女性は多くいるのではないでしょうか?パパ活はとても簡単に、短時間でお金を稼ぐ方法の一つです。ですが、その分リスクもあります。リスクを回避するためには、出来るだけ知識を深めておいたほうが安全です。

そこで今回はパパ活の基本事項を紹介していきたいと思います。せひ参考にしてください。

パパ活ってナニ?

お金 女性

パパ活とは、女性とデートしたい、お話ししたい、お食事したいと考える男性と実際に会ってデートやお食事をし、そのお礼として女性が金銭をいただくものです。

この金銭を「お手当」ともいいます。楽しければ当初の予定金額よりもプラスしてもらえたり、ということもあります。楽しい時間を提供することでお小遣いをもらうことができるので、女性も比較的気軽に始めやすいものとなっています。

しかし、リスクはもちろん付き添ってくるので、女性側がそのリスクに関して知識を持っておく必要が大いにあります。リスクに関しては以下でも記載していますので説明していきます。

パパ活に年齢制限はある?

未成年でない限り、年齢制限はありません。実際に、18歳〜40代の方まで活動しており、パパ側としても、80代くらいまで幅広くいます。

男性の中には若い女性を求める人もいますが、30代、40代のような近しい歳の女性を求めている男性もいます。

20代男性が歳上の女性を求めていることもあります。歳上の女性のほうが、落ち着いて話を聞いてくれたりして楽しいと感じるようです。このように、年齢に縛りなんてものはありませんので年齢を気にせずにいつでも始めることができます。

パパ活をしている男性の年齢はどれくらい?

若くても20代後半、歳上の男性だと80代の人もいます。男性側は金銭的に余裕さえあればいくつになってもパパ活をすることができるので、女性よりも年齢層が高くなります。

年齢がほどよく高い人が、お手当をたくさんあげたり、長期的にお付き合いしてくれたりする男性が多いです。若い人は、あまりお手当をくれなかったり、1回きりのお付き合いだったりすることが多いようです。

パパ活をしている女性の年齢はどれくらい?

18歳から40代ぐらいまでが年齢枠です。女性は見た目も関係してくるので、やはり40代までを限界ラインとしていることが多いのです。若い女性がお手当も多く貰えることが多いので20代くらいが比較的多く活動しています。

もちろん同年代の女性を求めている人もいますので、30代、40代も需要はあります。男性よりは幅が狭いですが、多くの年齢の人がパパ活をしています。

パパ活で一番稼げる年齢は?

やはり20代が一番お手当が貰えるので、稼げる年齢といえます。

若いほうが可愛い、元気があると思っている男性も多く、娘世代くらいの子たちとお付き合いしたい人が多いのです。だからといって、30代や40代の方は稼げないというわけではありません。実際に30代や40代でも稼いでいる人はいます。

若ければ若いほどいいというわけではない?

若い方が稼げる、という風に聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。未成年のラインが18歳まで下がってからは尚更です。

18歳〜22歳くらいの女性は、まだまだ精神的に未熟な面が多かったり、テンションやノリが高すぎて男性がついていけなかったり。そういったことも考えられます。なので、いくら若くても20代までといったことも多いのです。

また、先にも述べましたが、30代、40代にももちろん重要はあります。男性側の層が80代までいるので、30代や40代の女性も若いうちに入ることがあるのです。

また、それだけではなく、落ち着きがある人と楽しくお話がしたい男性には30代、40代がうってつけなので、女性も年齢に引目を感じる必要はありません。

40代以上でもパパ活は可能?

女性 携帯

もちろん可能です。50代の方でパパ活をしている女性もいます。40代、50代になってくると、女性としての余裕や包容力といった形での魅力が現れてきます。そういったものを求めている男性も、パパ活男性の中にはいます。

大人の余裕を感じたい、また同年代の女性が良いと思っている男性をターゲットに、40代、50代の女性もパパ活をしていきましょう。

年齢ごとに相場は変わる?

パパ活は年代で相場が変わってきます。やはり、若い子の方が可愛い、希少価値があると考える男性が多いです。

20代の初回顔合わせが5千円〜3万円、これが30代になると5千円〜2万円、40代だと3千円からになってしまいます。

デートをする際は、20代が1万円からなのに対し、40代女性は5千円からと、相場が下がりがちです。

年齢のみならず住んでる地域が地方だと相場が下がる傾向にあります。ですが、最初が安くても少しずつプラスしてくれる人もいますので、相場が低いからと諦めずにチャレンジしてみることも大切です。

パパ活をする際の注意点

年齢で嘘をつくのはNG

自分の歳を若めに偽りたくなる気持ちもわかりますが、嘘はよくありません。もし嘘をついてバレてしまって、お手当がいただけなかった、なんてことがあっては困ります。

年齢に関しては、やはりちゃんとしたパパ活アプリを使うのが良いでしょう。パパ活アプリでは免許証などで年齢確認を行なっているものも多く、そういったものに登録すれば歳を偽られる不安も無くなります。

アプリだけでなく、パパ活サイトでも登録の際に本人確認、年齢確認をしっかりと行なっているところがありますので、そういったところを活用するのが良いです。

SNSやTwitterといった手段でパパ活を行う女性もいますが、詐欺である可能性も高くなってしまいますので気をつけましょう。

未成年のパパ活はNG

18歳未満のパパ活は、よくありません。相手は男性なので、肉体関係を求めて来る人もいます。未成年だと危険なときに対処できないことがあります。

また、未成年だとアルコールは飲めませんし、未成年とパパ活しているとバレてしまった男性にご迷惑をかけることにもなります。

お金が欲しいからやってみたい、という若い子が増えているのも事実ですが、自分が他人や家族にかけてしまう迷惑の可能性を考え、成人するまでは踏みとどまりましょう。

まとめ

何歳でもパパ活は行うことができますし、比較的安全に行うこともできます。ですが、それなりのリスクを伴うことも認識し、どのようなリスクがあるのか、それを回避するにはどうすれば良いのかをしっかりと考えてから行動をしていくのが大事です。

経験を積む中で学ぶことも多いですが、危険が避けたいですよね。この記事を参考にして少しでも、新しくパパ活を始める女性の手助けになればと思います。