PAGE TOP

キャバクラに年齢制限はある?平均年齢を紹介!

キャバクラ

キャバクラには年齢制限があるわけではないので、どの年齢の人でも働くことはできますが、キャバ嬢として生活していくためには、指名をしてくれるお客さんがいるか?がとても重要になります。

特に若いキャバ嬢が多い場合には、指名を取り続けるのは難しい部分もあります。そこで今回はキャバクラにおけるキャバ嬢の年齢についてお話していきます。

キャバクラで働くのに年齢制限はある?

キャバ嬢

キャバクラは、若い女性が働いているという印象をもっている人もいると思いますが何歳までキャバクラで働くことができるかは店によって異なります。

しかし、30歳程度になると働くのが厳しいというところもあれば、40歳を超えてでも働くことができる店もあります。

キャバクラの年齢の上限は厳密には決まっていません。若い女性が多いキャバクラでは30歳前後で止める人が大半で、その後は、もっと上の年齢をメインとしたキャバクラに移籍したり、自分で店を持ったりする人も多いのです。

キャバクラの年齢の上限は決まっていませんが、年齢の下限は決まっています。それは基本的に18歳か20歳です。18歳の場合は高校を卒業しているということで、20歳は成人してお酒を飲めるようになるということでこの年齢になっています。

キャバクラで働いている人の平均年齢は?

キャバクラで働いている人の平均年齢は23歳程度になります。この年齢を過ぎていくとだんだんと氏名が少なくなっていくため、キャバクラを辞めてスナックなどに転職するという人も多いです。

基本的には、25歳位までに別の道に進むという人が多いため、平均年齢がかなり若くなっています。

ですが、中には姉キャバや熟女キャバクラといわれるような店もあります。ここでいう熟女は世間一般的にいわれるような年齢ではなく、20代後半から40代位までになります。そのため、熟女キャバクラでは35歳位が平均年齢になります。

この両方を合わせて考えると、キャバクラ全体の平均年齢はもう少し上がるかもしれません。

長くキャバ嬢として働くときに大切なこと

キャバ嬢

先にも述べましたが、キャバクラで人気が出るキャバ嬢の年齢は23歳位までです。そのため20歳から仕事を始めたとしても3年程度しか満足に働けない可能性もあります。

ですが、中には、できるだけ長くキャバ嬢として働きたいという人もいるので、いくつかのことに気をつけながら働く必要があります。

年齢に応じたお店で働く

これまでに述べてきたように、キャバクラは店によって働くことができる年齢が違います。そのため若い女性を集めた店から、ある程度の年齢まで幅広くそろっている店や、年齢が上の女性を集めた店などさまざまです。

長くキャバ嬢として働くためには、自分の年齢に合った店で働く必要があります。30台に近い人が、若いキャバ嬢が多い店で働くのは難しいでしょう。ですが、別の店ならば特別年齢が目立つことが無くなる可能性があります。

そのため、長くキャバ嬢として働きたい場合は、自分の年齢に合わせた店を探すことが大切です。

自分のお客さんを多く持つ

キャバ嬢は、どれだけお客さんから指名されるかが人気にも収入にも関わってきます。そのため、いかにして自分の固定客を持つかが非常に大切です。

どれだけ若いキャバ嬢が多い店でも、若いうちに固定客を持ち、それを離さないでいれば他のキャバ嬢よりも年齢が上でも、充分指名を受けることはできます。

固定客がいる限りは、収入が無くなることはありませんし、もし別の店で働くことになったとしても、そちらにも通ってくれる可能性があります。長くキャバ嬢として働きたい場合は、自分のお客さんを大切にしましょう。

体型や外見を維持する努力をする

キャバ嬢はお客さんを会話などで楽しませますが、当然見た目も大切です。そのため年齢を重ねたとしても、それを理由にせず、体型や外見を維持する努力が、非常に重要になってきます。

年齢と共に体型が変わってしまったり、見た目が悪くなってしまったりすると、指名してくれていた、お客さんが指名してくれなくなり、他のキャバ嬢に流れてしまうということも充分あり得ます。

お客さん側としても、お金を払っていることなので、見た目に気を使っているキャバ嬢を指名したいというのは自然なことでもあります。そのため、体型や外見を維持することが重要なのです。

キャバクラを卒業したら、どんなキャリアがある?

お酒

これまでは、キャバ嬢として長く勤めるために気をつけるべきことなどを紹介してきましたが、中にはキャバクラを卒業しようと考える人もいますし、将来を考えたときに、どんなキャリアがあるのかが不安だという人もいることでしょう。

ここからは、キャバクラを卒業した後のキャリアについて紹介していきます。

姉キャバのお店に移籍する

キャバクラの中には、姉キャバと呼ばれる店があります。これは20代から30代当たりの「お姉さん」といわれるような世代の女性がキャバ嬢として働いている店になります。

キャバクラよりは、時給なども低くなってしまいますが、年上の女性に甘えたい、年上の女性と話したいというお客さんも多いのです。また、仕事内容自体もキャバクラとほとんど変わらないので、なじみやすい仕事ともいえます。

自分でお店を開く

キャバクラを卒業した人の中には、キャバ嬢時代の稼ぎを使って自分の店を開く人もいます。お酒を飲むのが好きで、夜の仕事が好きという人はこの道に進む人も多いです。
この場合は、スナックのママとして働いたり、経営者になったりすることになります。

キャバ嬢には、キャバ嬢時代にさまざま人との人脈ができたという人も多いので、それを活かすとお客さんを確保しやすかったり、開業の相談に乗ってもらえたりすることもあります。

そのため、キャバ嬢時代にどれぐらい多くのお客さんを持つことができるかも、このキャリアの成功には関わってきます。

指名のお客様が来るときだけ出勤する

キャバクラの卒業を考えているけれども、付いてくれているお客さんは多いという場合には、自分を指名してくれるお客さんが来るときだけ、それに合わせて出勤するという方法も可能です。

この場合は、突然来たお客さんにはつかないので収入自体は減ってしまうかもしれませんが、開業や移籍とは違うため、特別な準備などは必要ありません。

また、固定客が多かったり、1人当たりが使ってくれるお金が多かったりする場合には、これだけで生活していける可能性も充分あります。

まとめ

キャバクラは若い女性がメインであると思ってしまうかもしれませんが、そういうわけでもありません。働く環境や、自分で意識すべき点を意識しておけばより長くキャバ嬢として、働いていくことができる可能性は充分あります。

そのためには、いかにして若いうちにお客さんを持ち、そのお客さんが自分を指名し続けてくれる状態を保つかということが重要になってきます。お客さんに満足してもらえるようにすることが、長くキャバ嬢として活躍することにもつながっていくのです。