PAGE TOP

新人キャバ嬢が覚えるべき売れるためのルールとは?

キャバ嬢

初めてのナイトワーク・キャバクラは煌びやかな店内で働く女の子たちがとても魅力的に見え、自分もこんな華やかな世界で働きたいと思い、キャバ嬢になりたいと思った人も多いですよね。

No.1のお姉さんキャストも、最初は、今のあなたのように、解らないことだらけで悩むことも多かったと思います。そこで今回は、新人キャバ嬢さんが最初に頑張るべきこと、更にステップアップ方法を加えて紹介します。

新人キャバ嬢が覚えておきたいことは?

キャバクラ

店内のルールを覚える

基礎的なテーブルマナーに関しては、そこまで大差はないですが、お店によって黒服に示すハンドサインや、灰皿交換のタイミングなどが違います。

接客中にオーダーなどで、黒服を呼ぶ際の「お願いします」のテンションや合図、ドリンクオーダーの仕方に違いがあったり、中にはドレスや髪色に規則があったりするお店もあります。

ただし、店内で脚を組む行為は、待機中・接客中どちらも禁止されている場合が多いです。
他にも解らないことや、疑問に思うことがあった際は、黒服などに随時確認しておくと良いでしょう。

挨拶を忘れない

キャバクラは学校や遊び場ではありません、あくまでも職場であり、1つの組織です。
大人である以上は、挨拶は必要不可欠。どんなに嫌なことがあっても、そのときだけは他のキャストや黒服には、元気に挨拶をしましょう。

「いつもちゃんと挨拶してくれる子」という印象だけで、お姉さんキャストから可愛がられたり、仲良くなれたりすることも多いのです。

声をかけにくいキャストでも、挨拶を毎日しておくだけで心地良い関係になれるので、こういう職業だからこそ、基本中の基本である「挨拶」を大切にしましょう。

遅刻や当欠はしない

挨拶に並び、時間を守ることも信用問題に関わる重要項目です。あまりにも遅刻や当欠(当日欠勤)を繰り返すと、どんなに売上げがあろうが、どんなに可愛かろうがクビになることもあります。また、無断欠勤は論外で、一発解雇なので絶対にしてはいけません。

とはいえ、キャバクラで働いていると二日酔いは日常茶飯事ですし、おまけに、生理痛が酷かったり、お客様に嫌なことを言われたりして行きたくない日も必ず出てきます。

お店は、女の子のそういう面を理解していますから、どうしてもきついときは、出勤前の早い時間に連絡を入れて相談をしましょう。

ドレスや靴を揃える

お店の貸しドレスや靴は便利ですが、第一印象であなたの美しさや個性が伝わるアイテムはドレスや靴です。最初から高価なものでなくても良いので、まずは、仕事意識やモチベーションが上げるために自分でドレスや靴を揃えましょう。

また、ハンカチは毎日使いますし、ウイスキーや赤ワインで汚れやすいので余分に用意しておくことも大事です。せっかくキャバクラで働くからこそ、日常生活では着れない可愛いドレスを沢山着てみるのもいいですよね。

他の女の子のお客さんは取らない

いわゆる「爆弾行為」といい、指名がいるお客様に連絡先を聞くことです。
営業しなくても指名してくれる、いつもシャンパンを降してるから、という印象はその指名キャストの努力の結果です。

それを横取りするのは、業界ではタブーですし、情報網は早いので必ずバレます。
そして黒服やキャストの全員から一発で信用を失い、仮にそんな行為で売上げや指名を得たとしてもはすぐに消えますし、失うものもかなり大きいです。

そのことが原因で、いじめの対象になったり、お店にもいづらくなったりします。今一度、自分自身が商品であることを意識して、お客さんは自分の力で掴むようにしましょう。

新人キャバ嬢がステップアップするには

キャバ嬢

ステップアップするには、基本的なことをしっかり覚え、お仕事を楽しむことが大切です。
ここでは、キャバ嬢である限りずっと役立つ土台作り「ステップアップするための方法」を紹介します。

連絡はまめにする

自分が暇なときだけ、軽く営業の連絡をする程度ではお客さんの懐に入れないのです。
お客様を「彼氏」という設定にしたら自然なやり取りが続けられるのでおすすめです。とにかく途切れてしまってはチャンスごと減ってしまいます。

お客さんのほとんどは、夜のスケジュールを日中に決めています。つまりキャバ嬢の出勤する20時代には決められている場合がほとんどです。

週に飲みに出る回数が多いお客様には、飲みに出るであろう日の前日〜夕方にお誘いをしましょう。いつでも飲んでるタイプのお客さんも不意な誘いにのって、「じゃあ今日は○○ちゃんのお店にしようかな」と思ってくれたりするメリットもあります。

いずれにせよ、普段から連絡を取っていると通用するやり方です。

お客様ノートをつける

出勤すればする程、接客するお客様は増えます。何もメモしてなければ、せっかくお客さんが指名で来店してくれたのに、お客さんの名前、前回の会話内容が思い出せないということにもなります。これでは指名を取ることはできません。

とりあえず、接客したお客様の「日付、特徴、会話の内容、飲みもの、趣味」などをノートにメモをしておくのがおすすめです。指名が入ったときにも便利です。

忙しいときは、携帯のメモに名前、見た目の特徴、会話した内容だけでも残しておくと思い出しやすくなり、整理しやすくなります。また、来店した日も解かるので、久しく来てないお客さんも把握することができるので営業かけるときにも役立ちます。

指名を取ることを目標にする

一見、売上げが全てに思われるキャバクラですが、実際はちょっと違っていて、売上げが分子と考えると指名本数が分母になり、大切なのは指名本数となります。

「太いお客さんが1人で売上げ200万と100人のお客さんで売上げ180万」の場合、安定的で底力があるのは、後者のほうが力になります。仮に、太いお客さんが切れてしまった場合、ダメージが大きく、100人のお客さんがいるほうが断然プラスになります。

お客さんの数が多いほうが、営業をかける場合も、選択肢も増えるのでとにかく指名数を増やしましょう。

先輩キャバ嬢のノウハウを見て盗む!

お店のお姉さんキャスト、それぞれにキャラがあることは働いているうちに徐々に解ってきます。ワイワイ系、癒し系、アイドル系などさまざまなキャラがあり、細かく見るとキャラとは関係なしに真似ができる部分があります。

それは、お客さんへの気遣い、他のキャストのフォロー、黒服への労り、もちろん、接客面以外のことでも、同じ女性として素敵だなと感じる部分など多々あります。

あなたの個性が消えない程度に、先輩キャバ嬢のノウハウを見てさりげなく盗んで、ワンランク上のキャストを目指しましょう。

まとめ

今回は、新人キャバ嬢が覚えるべきことや、ステップアップする方法の紹介をしてきました。キャバクラは本気でやればやるだけ結果になり、目に見えるものとして反映されるのでやりがいもあります。

そして女性としてだけでなく、人としても経験値を吸収できる素敵な仕事です。指名を取ることを目標にして、1ランク上のキャバ嬢を目指し頑張ってくださいね。