PAGE TOP

ギャラ飲みは危ない!?トラブル事例と安全にギャラ飲みを始めるための4つのポイント

飲み会

最近、容姿のいいモデルや、アイドルの女の子の間で「ギャラ飲み」が流行っています。その理由は、いい報酬をもらうことができるからです。

しかし、ちょっとしたことでトラブルに巻き込まれてしまうリスクもあるので注意が必要です。これから、ギャラ飲みをしようと考えてる人にとっては怖いですよね。そこで今日は、「ギャラ飲みの危ない事例」「安心してギャラ飲みを始められる4つのポイント」についてお話していきたいと思います。

ギャラ飲みは危ない?

飲み会

本当にしっかりと稼げるギャラ飲みでも、安心して参加するためには、ギャラ飲みの専用アプリを利用することです。

専用アプリに会員登録して、人気情報を探すことでお金を稼ぐことができるようになります。ただし、ギャラ飲みサイトも含めて、いろいろなアプリがたくさんあるので、優良なアプリ、サイトを見極めることも大切です。

それは、

  • ・参加できる飲み会の数や開催時間がどれくらいあるか?
  • ・運営元がしっかりとしているか?
  • ・延長や深夜手当等の条件もいいか?

これらの情報がきちんと記載されているアプリであれば、安全に活用することができます。

ギャラ飲みの危ないトラブル事例

手のひら 女性

しかし、なかにはギャラ飲みでトラブルが発生しています。ここではその具体的なトラブルの事例を5つ紹介していきます。

肉体関係を強要された

ギャラ飲みでの代表的なトラブルは、肉体関係を強要してきたというものです。
普通に飲み会に参加していたつもりだったのが、会が終わる頃にホテルに無理矢理誘われてしまったというケースです。

相手の男性が会社経営者やリッチな男性が多いのですが、パパ活と思い込んで、体の関係も求めてくる場合が多いのです。

その無理な要求に応える必要はないのですが、女性にとっては、普通の仕事と比べて、収入が高く簡単に稼ぐことができるので、それを餌に男性が強引に求めてくるのです。

その結果、泣き寝入りしてしまったという女性がいるのです。男性からすると、キャバクラ感覚で女性を口説こうと思っているのかもしれません。

お手当が振り込まれない…

次のトラブルは、お手当が振り込まれないというケースです。
確かに他のアルバイトと比べて、報酬の相場金額が高く、2時間で2万円レベルの謝礼がもらえる高収入をゲットできるギャラ飲みもたくさんあります。

それだけでも、メリットがたくさんありそうですが、後からお手当が振り込まれなかったという嫌な経験も持った女性も少なくありません。

これは詐欺まがいのアプリを利用してしまった結果、こんなトラブルになってしまったのです。このようなことを避けるためには、信用できるマッチングアプリを利用する必要があります。

終了時間がわからない

終了時間がわからないというトラブルもあります。相手の男性と、とても盛り上がっているうちに、深夜0時を回ってしまい、終電もなく、帰れないというトラブルも、よく発生しています。

ギャラ飲みでは、タクシー代をもらえることが、条件になっていますが、飲み会がいつ終わるのかわからず困ってしまうことが多くあります。そして、流れから肉体関係を求められたりする危険性も高まってしまうのです。

普通の飲み会に参加できなくなり人間関係が崩壊

ギャラ飲みばかりしていると、普通の飲み会に参加できなくなってしまい、人間関係が壊れてしまったというトラブルもあります。

ギャラ飲みは、単なる飲み会ではなく、専用のアプリやサイトで飲み会を紹介されて、参加する相手に楽しさというサービスを提供する飲み会です。

自分で飲み代を払う必要がないうえに、お金を報酬としてもらえるのですから、これ以上条件の良い飲み会はありません。

そのために個人的な飲み会がつまらなくなってしまい、人間関係が壊れてしまうケースも多くあります。

確定申告を忘れて高額な税金が徴収された

意外なトラブルとして起こるのが、確定申告をし忘れて、追徴課税がくることです。
ギャラ飲みは、1回で数万円の報酬になります。そのために、年に何回も参加しているうちに収入が、数十万円はおろか、100万円を軽く超えてしまうことさえあるのです。

しかし、飲み会に参加して、お小遣いをもらう感覚なので、ギャラ飲みの収入としてもらったという意識がなく、確定申告を忘れがちになります。その結果、追徴課税として後から高額な税金を税務署から求められることになるのです。

危ないギャラ飲みを避けるための4つのポイント

ここでは、危ないギャラ飲みを避けるために必要な4つのポイントを説明していきます。

twitterや掲示板募集などの個人ギャラ飲みには参加しない!

ギャラ飲みに参加するときに、twitterや掲示板で募集しているような個人的なギャラ飲みには、参加しないことです。

マッチングアプリ感覚で、twitterや掲示板で飲み会を案内して、参加者を求めてくるのですが、この場合、飲み会を企画した人の意図や目的がはっきりしていません。

twitterには、開催者の写真も掲示されているために、安心だと思い参加する人も多いのですが、もしかすると、会費を高くとって、後からギャラを支払わなかったり、肉体関係を求めてきたりとする危険性もはらんでいます。

そのために、個人的なギャラ飲みには参加しないことが鉄則です。

偽名を使って自分を完全に偽る!

次に大切なことは、「偽名を使って自分を完全に偽る」ということです。
下手に本当の名前を教えてしまったために、後から予想もしないトラブルが起きてしまう危険性があるからです。

本名がSNSや、掲示板で拡散されて、昼間の仕事やアルバイトに支障が出てしまったり、根も葉もない悪い噂が実名で広まってしまったりするリスクがあります。

本当に信用できる人以外には、LINEや電話番号を教えることは絶対に避けましょう。
なるべく、自分の名前は偽名で語ることが必須です。

2人きりの会は個室は避ける

安心してギャラ飲みに参加する場合は、オープンな場所で、複数で参加することも安心・安全なギャラ飲み会の秘訣です。2人きりで、個室でギャラ飲みをすることは、非常に危険性が高い可能性があります。

カラオケボックスなどの個室の場合、周りの人の目を気にすることがなくなるので、男性からの要求もエスカレートしていく可能性があります。ですから、個室で飲み会をするようなことは避けてください。

安全なギャラのみアプリ・サイトを使う

安心してギャラ飲みに参加するためには、安全な専用のアプリや、サイトを利用することです。

おすすめのアプリやサイトは、運営している会社がしっかりとしており、報酬の条件や、開始・終了時間をしっかりと掲示しているだけでなく、手当の条件も明確に記載しています。

また、口コミでもアプリの評価を確認することで、優良なアプリ、サイトを見極めることができます。これらのツールを活用することで、安心な飲み会に参加することができます。

初心者にもおすすめ!人気ギャラ飲みアプリPato

pato

では、安心して使えるギャラ飲みアプリには、どんなものがあるでしょうか?
初心者でもおすすめなのは、「Pato」です。
このアプリを使うと、時給が最大30000円を超えることもあります。

報酬のレベルは、スタンダードクラスで1時間4000円。
VIPクラスになると、1時間8000円にもなります。

しかも、時間延長になると、時給は1.3倍になり、深夜手当4000円、指名料2400d円/時間と加算手当もあります。
これが、ロイヤルVIPクラスになると、1時間20000円もの収入につながってきます。

「Pato」では、参加している男性もワンランク上の人達が多く、会社役員や経営者、ドクターや弁護士、あるいは外資系・大手企業の社員と、経済的に余裕がある人達ばかりなのです。だからこそ「Pato」を活用してがっつりと稼ぐことができるわけです。

公式サイトへ

まとめ

アルバイトをするなら、高い報酬を稼げる「ギャラ飲み」がおすすめです。
しかし、無用なトラブルを避けるためには、優良な専用アプリを使って参加することが重要なポイントになりますので、初めてのギャラ飲みは「Pato」がおすすめです。