PAGE TOP

チャットレディはどんな仕事?仕組みや報酬、メリットやデメリットなどもまとめて解説!!

携帯 女性

近年では、自宅でお金を稼げる在宅ワークにも、さまざまな仕事が増えてきましたが、女性が十分稼げる在宅ワークを探していると、チャットレディという単語を見かけることがありますよね。

しかし、求人などで給料は高いのは知っていても、「実際はどんな仕事なのか?」わからないと手が出せないという女性も多いと思います。

そこで今回は、「チャットレディの仕事内容、仕組みや報酬、メリット、デメリット、よくある質問」など、チャットレディを始めようとしている女性に向けて詳しく解説していきます。

チャットレディとは?

携帯 女性

インターネットを利用し、パソコンやスマホのカメラやマイクを通してリアルタイムで離れた相手と会話するライブチャットというサービスがあります。これを利用して動画や音声、メールなどで客とコミュニケーションをとる女性がチャットレディです。

実際にチャットを行う女性は「パフォーマー」とも呼ばれますが、店によってはカメラ越しのビデオチャットではなくメールが中心となる場合もあり、その場合はメールレディとも呼ばれます。

メールレディとチャットレディの違いは?

チャットレディとメールレディは、仕事内容には共通する部分も多々ありますが、どんなサービスがメインになるかで違ってきます。

チャットレディとメールレディとでは、お仕事の内容も報酬も違うのです。
ここでは、チャットレディとメールレディの仕事内容と報酬についてお話していきます。

チャットレディの仕事内容

チャットレディは、インターネット上で、主に男性とコミュニケーションをとり、カメラやマイクといった撮影器具を利用して、ビデオチャットでライブ配信をするのが仕事です。

会話だけでなく男性が興奮するような動きをしてみせることも必要で、だからこそ「パフォーマー」とも呼ばれます。

サイト内で利用できるメッセージを送ることもありますが、相手は返信にお金がかかるのでメッセージが中心になることはあまりありません。

内容的に撮影環境が必要になりますが、新宿などの首都圏エリアで求人を出して人を募集している場合、店舗に撮影環境を用意しているので、そこに出勤する形で働くこともできます。

入店には、応募と面接が必要になりますが、スタッフの説明やサポートも受けられますし、出勤専門で働く女の子も少なくありません。

チャットレディの報酬の仕組み

・2ショットチャット:1分80~120円
・パーティーチャット:1分60~80円

チャットレディの「パフォーマー」として働く場合、基本的にチャットの収入が大部分にな
ります。

2ショットチャットのほうが、単価は高いですが、パーティーチャットは数人、人気があれば、十数人と同時にチャットをして稼ぐことができるので、より高収入が狙えます。

相手がメッセージを送ってきたり、ポイントをプレゼントとしてくれたりすることも、ありますが、お客さんが楽しい時間を過ごせたお礼として、送られてくることがほとんどです。

他には、友人など他の女の子をお店に紹介することで、二人とも紹介料を貰えるサイトもありますが、主な収入源には当然ならず、あくまでオマケ的なものになります。

メールレディの仕事内容

メールレディは、インターネット上で主に男性とメールをやり取りする仕事で、仕事内容は、メールのやり取りが中心です。

ただ、文章を送るだけの女の子は、需要が低いので、大抵の場合は写真や、動画を撮って相手にその写真を添付してメールを出したり、サイト上にアップロードしたりもします。ときには、電話をしたり、音声チャットをしたりすることもあります。

メールレディは、基本的にスマホ1つで登録すればいつでも始められるので、気軽に参入しやすい仕事となっています。

メールレディの報酬の仕組み

  • ・最大時給:4000円以上
  • ・メール:1件30~40円
  • ・音声通話:50~70円
  • ・ビデオ通話:70~90円

メールレディは、メールを送ったときではなく、相手から受け取ったときに報酬が発生します。そのメールに、画像や動画がついていると報酬が増える仕組みになっています。
ただしメールのやり取りによる時給は、人が多い時間帯でも1000円程度で頭打ちになりがちです。最大時給を出せるのはビデオ通話になります。

また、サイトにアップロードした画像や、動画を誰かに閲覧されることでも報酬は発生します。こちらは1回あたりの報酬も低いですが、継続的な収入源になるので、意外と稼ぐことができます。

チャットレディのメリットとは?

メリット

ここではチャットレディのメリットを3つ紹介していきます。

働く時間に自由が利く

チャットレディは、在宅でも出勤でも、自分の好きなときにはチャットをして稼ぐことができます。時間帯によって利用客の多い少ないは、ありますが、稼ぎたいのであれば働く時間帯を気にする必要はあります。

ですが、朝でも昼でも夜中でも、働く時間帯も、どれくらいの時間働くことにするのか、自分の好きに決めることが可能です。

出勤時間や職場の人間関係に悩まずに済む

チャットレディは、撮影環境を用意すれば、自宅でも問題なく稼げます。
なので、わざわざ職場へ出勤したり、スタッフや他のチャットレディと顔を合わせたりしないので、人間関係を気にする必要がありません。

お客さんとのコミュニケーションは必要ですが、あまりにも相性が悪いお客さんは拒否することもできるので、出勤や人間関係といった、仕事でありがちなストレスとは無縁の環境で働くことができます。

かなりの高収入

チャットレディの一番の魅力といえばやはり高収入でしょう。待機時間中は給料が出ないので収入になりませんが、チャット中の報酬がとても高いので、待機時間を含めても時給が数千円という女性も珍しくありません。

在宅ワークで、ここまで給料のいい仕事は他にはありません。

チャットレディのデメリットとは?

ここではチャットレディのデメリットを3つ紹介していきます。

身バレ対策をする必要がある

ビデオチャットでライブ配信する場合、身バレ対策はしっかりと行わなければ、トラブルにつながる可能性があります。

在宅でするなら、窓の外が映らないようにしたり、個人が特定されるような物が映らないようにしたり気をつけてください。誰がライブ配信を見てるかわかりません。

なかには、知り合いが見ている場合もあります。身バレする危険もあるので、服装や化粧、髪型なども普段とは違った雰囲気にするなどの工夫も大切です。

収入を増やすためには向上心が必要

チャットの報酬がとても高いといえども、待機時間が長すぎると並のバイトと同じ時給しか稼げないこともありえます。

簡単に始められる仕事ですが、稼ぐためにはチャットで男性を引きつけるコツや会話テクニックなど、ある程度のスキルが必要です。

人より稼ぐためには、人気を出すための情報を集める努力が必要です。ネット上で紹介されているチャットレディに必須のテクニックなどを実践してみるなどの工夫が必要になるでしょう。

精神的なストレスが溜まる

アダルトでルールに反するアダルト行為を要求されたり、ノンアダルトでもアダルト行為を要求してきたり、直接会わないにしても接客業には変わらないので、嫌な思いをしたり、精神的なストレスが溜まったりすることもあります。

特にチャットレディの場合、いろいろなタイプのお客さんがいるので、ある程度、話を合わせたり、対応に困ったりすることが多い仕事です。ただ、完全にお金のためと割り切ってしまえば、意外と頑張ることができるものです。

厄介なお客さんの対応に困った場合は運営会社に相談してみましょう。

チャットレディに関するよくある疑問

ここではチャットレディに関するよくある質問を3つ紹介していきます。

顔出しなしでも稼げる?

顔に自信のある女性は、一つの武器として顔出しをしている人も多いですが、顔出しは必須ではありません。顔に自信がなかったり、身バレを避けたいパフォーマーは、マスクをしたりして、顔を隠しながらチャットをしています。

女性の顔を見たいのが目的で、ライブチャットをしている男性は少ないので、顔出しはなくても十分稼ぐことは可能です。

ノンアダルトでも稼げる?

ライブチャットには、ノンアダルトも需要はあるので稼ぐことはできます。
ただし、アダルトと比べるとチャットの報酬も数十円単位で安いですし、ノンアダルトでもセクハラをしてきたり、アダルトな内容を要求してきたりする男性はいます。

そういったお客さんは、強制退室させても問題ありませんが、ノンアダルトだからと、一切下ネタや、セクハラと無縁になると稼げなくなってしまいます。自分のなかで、許容範囲を決めて、ここまでは容認するなどの線引きを、しておいたほうがいいでしょう。

チャットレディで稼ぐための秘訣とは?

チャットレディで稼ぐためには、固定客を作ることが大事です。そのためには、働く時間帯を決めることと、キャラ作りが重要になります。

素の自分より、男性に好まれる態度で接したほうが好かれやすいのは当然です。毎週決まった時間帯に働くことで、お客さんの目につきやすくなるので、リピーターも確保しやすくなります。

自分で、住んでいる場所、仕事、趣味など、キャラ設定をすることで違う自分になりきってください。

また、顧客ノートを作り、名前、話した内容、職業など、一度話したことのあるお客さんの特徴を書いておくと、次に話すときにスムーズに話すことができるようになるので、おすすめです。

まとめ

チャットレディは、ビデオチャットでライブ配信するパフォーマーと、インターネット上で男性とメールのやり取りが中心の、メールレディの仕事があります。チャットレディで稼ぐにはある程度の努力とテクニックが必要です。

最初は、スタッフのいる店舗でアドバイスをもらいながら体験してみることから始め、まずはリピーターを確保することを目標に頑張ってみましょう。