PAGE TOP

チャットレディは確定申告が必須!?しなかったらどうなる?経費についても丸ごと紹介!!

確定申告

チャットレディは、普通のアルバイトよりも高収入ということもあって、女性に人気の仕事です。でも、チャットレディをしていて気になるのは、確定申告のことではないでしょうか。確定申告をするときの経費はどこまで申告できるのかわかりませんよね。

そこで今日は「確定申告の必要性」「確定申告しなかった場合はどうなるのか?」経費やよくある質問についても詳しく紹介していきます。

チャットレディは確定申告は必要なの?

はてな

チャットレディで一定以上の収入を得た人は、税金を支払うための確定申告が必要です。
確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に得た収入のうちの所得や経費から
所得税を計算し、納税することです。

普通の企業ならば、年末調整を提出すれば総務が確定申告をしてくれますが、チャットレディは、個人事業主なので自分で申告しなければいけません。
確定申告は、基本的にその年の所得が20万円を超えた場合に申告の義務が生じます。

チャットレディには、経費として計上できるものがたくさんあるので、できるだけたくさん計上し、税金を少なくしましょう。

チャットレディが確定申告をしなかったらどうなるの?

確定申告は、一定以上の所得を得ている人ならば、必ず実施しなければいけません。では、確定申告をし忘れるとどうなるのでしょうか。

確定申告をしなければいけない人が、故意であっても、そうでなかったとしても確定申告の手続きを実施していないことが発覚すれば、最悪「脱税」扱いになります。

確定申告を実施しなかったことに関しては、少し前にとあるお笑い芸人が、数年間申告をしなかったことが大きなニュースとなったため、記憶に残っている人もいるでしょう。

脱税が、発覚すると、通常支払うべき税金を大きく上回るお金を支払うことになります。確定申告は必ず行うようにしましょう。

チャットレディが確定申告をするうえで知っておくべき3つのこと

ここでは、チャットレディが確定申告をするうえで知っておくべきことを3つ紹介していきます。

経費

経費とは、その仕事を実施するうえで、必ず必要となる出費のことをいいます。たとえば、配達業の場合は、荷物を運ぶトラックが必ず必要になります。このトラックを購入したお金や整備したお金、ガソリン代などは全て経費とみなされます。

チャットレディの場合は、「洋服やコスプレ」の衣装費、「化粧品」の美容費、「スマホ、パソコン、Webカメラ」など、消耗品費、「インターネット代、仕事用のスマホ代」は通信費として、「カフェなどで打ち合わせした場合の飲食代」は会議費として、自宅を仕事場として使用している場合は、「家賃、水道、光熱費」なども全額経経費として計上できます。

控除

控除とは、さまざまな立場の人に対して適用され、控除が適用されると一定の税金が免除されます。
医療費控除のように、お金をかけると適用される控除もあり、個人で最初から決まっている基礎控除などもあります。控除には、他にも、配偶者控除、扶養控除、障害者控除、生命保険料控除などがあります。

確定申告でいうと青色申告特別控除などもあり、、税金が一般の人よりも軽減されます。

青色・白色申告の違い

確定申告には、青色控除と白色控除があります。両者の大きな違いは、経理処理の難しさと節税効果です。

白色申告は、単式簿記という、お小遣い帳のような経理処理で済む一方で、青色簿記は「複式簿記」という複雑な書類を作成しなければいけません。また青色申告をする場合は,事前に税務署に届け出が必要です。

しかし節税効果については青色申告のほうが圧倒的に高いので、本格的にチャットレディをしている人は青色申告のほうが良いでしょう。

チャットレディの確定申告で経費に計上できるもの

電卓 女性

チャットレディが確定申告時に経費とできるものはたくさんあります。たとえば、チャットレディをするためには、パソコン本体や携帯電話が必要となりますが、これらは全て経費として計上できます。

また、インターネットも必要不可欠となるので、通信料やプロバイダ料金、さらには電話をした場合は電話代なども経費に計上できます。

チャットレディは、見た目も大事なので、化粧品やライトなどを購入する人もいるでしょう。これらも仕事に必要なものなので全て経費に計上可能です。

チャットレディの確定申告で経費に計上できないものは?

これだけたくさんのことが経緯に計上できると、何でも経費にしてしまおうと考えるかもしれませんが、何でも経費に計上できるわけではありません。計上できるのは、チャットレディとして仕事をしている際に利用している時間だけです。

チャットレディによっては、事務所へ通う人もいるので、事務所までの交通費は経費となります。ですが、通うために高級車を購入したとしても、社用車のように、全額経費で落とせるわけではありませんので、経費は常識の範囲内で計算しましょう。

初心者チャットレディ必見!確定申告の方法

ここでは、確定申告の方法について説明していきます。

書類の準備

確定申告をする際には、事前に準備が必要です。収入など、計算しなくてはいけないので、源泉徴収票が必ず必要になります。

その他、経費を計算するために購入したもののレシートや引き落とし明細なども準備しましょう。

申告書への記入

確定申告は、専用の用紙に記入します。用紙は税務署にもありますし、総務省のホームページからプリントアウトすることも可能です。また条件を満たせば用紙に記入しなくても、ネット上で手続きを進めることができます。

税務署へ提出

用紙の記入に問題がなければ、税務署へ用紙を提出しましょう。記載内容に不備がなければ所得税を支払い、確定申告が完了します。

もしわからないことがあったり、書類の作成が難しく感じたりした場合は近くの税理士などに相談してみるのも良いでしょう。

チャットレディの確定申告に関するよくある疑問

確定申告をすると会社や親にバレる?

チャットレディは、本業の所得を得ている人がアルバイトで副業として始めている人もいるでしょう。確定申告をすると会社や親にバレるのではないかと心配な人もいるのではないでしょうか。

自宅住まいの場合は、確定申告の案内が届くとバレる可能性がありますが、会社に対しては所得税の納税を自分で支払うことでバレずに済みます。

学生や専業主婦でも確定申告は必須?

学生や専業主婦であっても、1年間に得た収入から経費や控除額を差し引いて年間所得が20万円を超える場合は、確定申告が必須となっているので、該当している場合は必ず、確定申告を行いましょう。

進行しないままでいると脱税扱いで余分な税金を支払う恐れがあります。

節税のコツは?

節税のコツは、とにかくたくさんの経費を計上することです。何でもかんでも、経費に計上できませんが、仕事上必要となるものは全て経費に計上可能です。

しかし証拠となるものがなければ認められない場合もあるので、経費として計上できそうな出費を証明できるもの、たとえば、レシートや領収書などは必ず全て保管しておきましょう。

まとめ

チャットレディであっても、一定以上の収入を得れば確定申告は必ず行わなければいけません。経費に計上できるものはたくさんあるので、領収書やレシートは必ず残しておくのが節税のコツです。

わからないことがあれば、税務署で聞いたり、税理士などに相談したりしてみるのも良いでしょう。